忍者ブログ

ある日突然、

いじめっ子が近づいてくる。

 

足音を立てずに近づいてくる。

何も知らせること無く近づいてくる。

 

だがある日突然から、

家族がいじめっ子を引き寄せている。

冠婚葬祭の前後からいじめっ子が近づいてくる。

 

この919日は敬老の日。

嫁いだ娘さんは孫たちが

おじいちゃんや

おばあちゃんに

お祝いをしたり贈り物を上げたりしてはいけない。

だが社会全体が同じ方向に向いている。


 

母への思いが敬老の日を境に…。

敬老の日の前日、嫁いだ娘長女と二女たちは、

二人してデパートへお祝い品を買いに行った。

そして明くる日、

二人で母親の処へお祝い品を届けに行ったが、

いるはずの弟長男嫁はいないので母親に手渡し、

そのまま食事に連れ出して帰ってきたなら、

弟嫁が怒っている。

嫁は銀行に行った帰り道、

義母のお祝いの品を買い、

渡そうと思っていたが母もいない。

いつもなら置き手紙が置いてあるのだが、

どこを探しても見あたらない。

 

心配しているところへ

姉たちと義母が楽しそうに帰ってきたからである。

 

その日を境に姉たちと弟嫁と

折り合いが悪くなったばかりか、

嫁と姑の仲も悪くなった。

これは敬老の日の罪である。

お祝い事は、

嫁いだ娘はいっさい手も足も出さない方がいい。

嫁からもらう物より、

娘からもらう物は喜びが多いのが現実である。

 

























PR
CATEGORY[みんな誰かの魂の里帰りだよ]
CO[0]top
【2016/09/17 08:31 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]