忍者ブログ

いじめや犯罪は

 

被害者と加害者の存在がないと成り立たないが

命の絆の法則から見れば

「ここ」「そこ」が被害者と加害者とするならば

「あそこ」がいないとつじつまが合わない。


要するに、

「あそこ」が居てこそ、いじめや犯罪が解決する。




「ここ」
「そこ」が偽善の罪を犯した罪を

「あそこ」が現す原理原則。


 

上の図式を見てもらうと分かるはず。

これが命の絆の法則だが、

理解してくれる人が多くなって欲しい。

あなたの命に出会えてありがとう。


PR
CATEGORY[みんな誰かの魂の里帰りだよ]
CO[0]top
【2016/08/29 05:42 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]