忍者ブログ

人は嫌った人と同じ人生を歩くのは

祀り事の負担もある?

 
姉長女は十九歳で亡くなり


妹三女が家を継いだが、


仕事もせずブラブラしている婿養子との間の子供が


流産したので妹三女は


愛想を尽かせ離婚した。


再婚相手の夫は働き者であったが、


三女は仕事が出来ない体になり、


今度は反対に夫からブツブツ文句を言われている。


これが陰陽和合だが、


根底には先祖供養が隠されていて、


妹三女が姉長女を祀り


拝んでいたことが原因だと誰も気づかない。


姉長女を祀ると自分の配偶者を求めるために、


妹三女婿をフラフラさせて、


「わたしを祀るよりも納めて幸せになって」


と気づかせていることを理解してもらいたい。


だが大半の宗教は、


「真剣に拝みなさい」


「お姉さんが浮かばれないから」


と言われるだろう。

 








PR
CATEGORY[みんな誰かの魂の里帰りだよ]
CO[0]top
【2017/12/04 08:03 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]