忍者ブログ

仲裁は正しいか間違いの判断ではない。



実家を継いでいた兄長男夫婦の子供たちが


遺産相続争いをしているので


仲裁に入った兄の妹長女(叔母長女)。


兄夫婦の子供は姪と甥であり、


二人の言い分を聞いて


どちらが正しいかを判断するようになり、


姪の言い分が正しいと判断し姪の方に


肩を持つようになった。



しかし、その直後に叔母は


脳溢血で倒れそのまま帰らぬ人となってしまった。


姪は弟夫婦が共稼ぎで、


「生前父に朝の残りのご飯を昼食として

食べさせていたのを怒って引き取っていた」


と言うのを鵜呑みにして、


親孝行者の姪に肩を持った直後に亡くなったのである。


嫁いだ娘が親を引き取ったり


介護をしていたりしてはいけない。


ましてや叔母や伯母たちまで


立場と順序を欺いた口出しは御法度だと思うが





PR
CATEGORY[みんな誰かの魂の里帰りだよ]
CO[0]top
【2017/10/30 05:43 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]