忍者ブログ

妹の電話の後で姉が転んだ意味。


妹から姉に、

「息子が急に亡くなって寂しかったが、
娘が結婚することになったので式に出席して下さい!」

と電話があり、姉は、

「嫁いでしまうのね!」

と言ったところ、

妹は

「私の方は娘一人しかいないけど、婿も息子一人なので、
『婿養子に来るならいいがそれ以外はこの結婚は絶対に反対!』

と言っていたなら、

婿側の親が折れて婿養子に出してもいいと言われたので
心配はいらないわ」

と返事が返ってきたので、姉は

「良かったわね!  これで家系が絶えないわね! 
是非出席させてもらうわ!」

喜んで電話を切った。


その夕方姉は自転車で買い物に出掛け、

その帰り道に転んで複雑骨折し入院し、

「結婚式までには治るはずだ」

と主治医から言われていたが、なかなか治らず、

結婚式に出席できなかったのは、

長男が亡くなっていても、

嫁側の家系を絶えさせなえためにと思えば、

婿側を絶えさせてしまう話しが禍の元になる。


この場合、思い方で病の治りが早くなる。


まず心の中で、

「妹夫婦はわたしと同じ魂の息子の嫁を捨てて、
自分たちの都合のいいように老後だけを考えての行動に、
わたしの魂が悲しんで足止めをさせてくれ
魂が気づかせてくれました。

わたしはいますぐ嫁がせることを望みます」

と思いを改めるだけで、

足は早く治る意味が分かったので、

心の中で祈り続けたところ

なかなか治らなかった骨折が治ってきた。







PR
CATEGORY[みんな誰かの魂の里帰りだよ]
CO[0]top
【2017/10/25 07:42 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]