忍者ブログ

孫娘が祖母を旅行に連れて行ってはいけない。


 

妻長女が両親と母長側の祖母と

温泉旅行に行く提案して予約をした。

妻長女の主人は仕事上行けないので

妻長女と両親と母側の祖母と三歳の息子を連れて

旅行に出掛けて無事に帰宅した明くる日に突然、

息子がヘルニアで入院して手術をして無事に退院した。

だが、一ヶ月も経たないうちに再発してしまい、

「こんな患者はいままで無かった」

と主治医に言われたので

ようやく出しゃばりの意味が分かり

「妻長女の兄夫婦にも内緒ばかりか

祖母を母長女の兄嫁に断りを入れていなかった」

と確神したので、

金輪際、母や祖母を旅行に連れて行かないと誓ってから

手術に挑んだ甲斐があり今度はすんなり完治した。


この場合、図式1を参照してもらえば分かると思いますが、

我が魂は我が魂に非ずとは、

祖母の魂は一つが二つになり、

四つから八つに増えてゆき、

祖母が陰祀りをすることは偽善の罪だと理解しないので、

同じ魂の息子長男を若死にさせたばかりか、

長男嫁を嫌い、娘長女に介護をさせていて、

孫娘も引き寄せていることが

曾孫をヘルニアという病にさせてしまった。


この場合、孫である妻長女が祖母を旅行に連れて行かなければ
息子をヘルニアの病を発症させずにすんだのだが、
病んでみてようやく妻長女も気づいた。


偽善の罪がある祖母はなぜ何も起きないのか?


祖母自身の魂は悟りを開くために


「そこ」と「あそこ」に罪滅ぼしをさせているだけ。


この家系の出逢いはもう十年以上も前から付き合いで

その間、身内に追突事故やいじめ問題、

胃潰瘍やうつ病、

アトピー性皮膚炎やぜんそく問題があり、

その都度、親切の意味、親孝行の意味、

先祖供養の意味、姉弟の立場と順序を説いてきたが

理解は出来きて納得も出来るが

つぎの問題が起きないと実行できないらしい。



いまの社会では嫁がせる意識が薄いようだ。

 




PR
CATEGORY[みんな誰かの魂の里帰りだよ]
CO[0]top
【2017/07/14 11:22 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]