忍者ブログ

我が魂は我が魂に非ず。 その5


姉弟がなぜ相続問題でなぜもめるのか?



兄と弟が壮絶な遺産相続争いを起こした。


それも母親が相続していたアパートや借家の権利を


弟二男が弁護士を入れてまでして


アパートの権限を奪い取った。


だがそれから起きた出来事は?


二男の息子長男は高校時代に不登校になり


引き籠もりからうつ病になり


統合失調症だと診断されて


通院生活になってしまった。



統合失調症だと診断された二男の息子長男は誰の魂?


我が魂は我が魂に非ずであり、


母親の魂になる。


母親の魂は長男と二男嫁に分け霊され、


二男嫁を母とすると


統合失調症だと診断された息子長男に


分け霊されたことになる。


魂は一つから二つ、二つから四つに分け霊され


母親の本当の魂は子供や孫が受け継いでいる。


相続で勝ち誇った二男の行く末は?


三回忌が過ぎてから脳梗塞で右半身が不自由になり


足を引きつりながら今日も歩いている。





PR
CATEGORY[みんな誰かの魂の里帰りだよ]
CO[0]top
【2017/07/24 09:36 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]