忍者ブログ

いじめや非行や犯罪を食い止める立場と順序。

わたしたちは長男夫婦で、

男二人と女二人の四人の子たちがいる。

 

息子長男夫婦と孫とオフクロと住んでいるが、

他の子供たちはそれぞれ巣立ち

それぞれの家庭を持っていている。

 

毎年二回、

お中元とお歳暮の時期には女側の親として

長女婿の親は近くに住んでいるので、

婿側の親を誘い日帰り旅行に出かける。



 

二女婿の親は千葉に住んでいるので、

私たち夫婦で手土産を持って挨拶に出かける。


が、

 
男側としては長男嫁の親や二男嫁の親へは挨拶に行かない。

これは何を意味するか?

 

社長が部下の家にお歳暮を持って行ってはいけない。

社長の家に部下がお邪魔しお歳暮を持って行くのが筋道。

 

 

女側は婿の親を立てることであり、

婿親はその恩に報い嫁に返すこと。

 

だが、いまは、

嫁がせた側の親が婿側を無視して出しゃばって

嫁がせた娘を引き寄せている。


 

長男夫婦だけを守れば

すべての子供たちをも守ることができる。



これが命の絆の法則である。

 

ありがとうと言える自分ありがとう。












PR
CATEGORY[みんな誰かの魂の里帰りだよ]
CO[0]top
【2016/09/07 05:29 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]