忍者ブログ

「分かりました!」

と言って帰られた。


 一児の母長女は

「今まで私のお陰であなたの精神的な悩みを助けて上げていたのよ。私に感謝しなさい!」

と母親に言われ続けていた。


  だが実際には母長女の家に母親が同居してから不幸が始まったことに気づいた。

 

母親が同居するまでは、夫と娘と三人家族で幸せに暮らしていたからである。


  ところが母親は実家を継いだ長男嫁と折り合いが悪くなったので、母長女の家に転がり込んで来てから夫が酒を飲んで帰りが遅くなり、喧嘩が絶えなかった。


  そればかりか高校に入った娘は、非行グループに入りシンナーを吸ったり、帰ってこない日々が続いたりして、悩みが絶えないので母親がいてくれたから、精神的に助かったと信じ込んでいた。

 

しかし逆であったことが、命の絆の法則で意味が分かり、実家を継いでいる弟夫婦に詫び、泣く泣く母親を追い出した。


  母親は

「息子も娘も薄情者で緑な死に方はしない!」

と捨て台詞(せりふ)を残し、少しの間、自分の兄弟の処に身を寄せていたが、アパートに越して独りで住み始めた。

 
  
それから間もなく、非行に走った娘は家に戻り、昔のように明るくなった。


  主人も酒を飲んで来ることがなくなり親子三人幸せに暮らすようになった。

 

一方母親も少しずつだが理解し息子夫婦と折り合いが良くなり、同居までは行かないが頻繁に行き来するようになった。


  母親は幼い頃兄が亡くなったので婿養子を取った長女であり、ワガママだった自分の母親が亡くなってから、自分も同じようになってしまった。

 

誰が悪いのではなく、母親の兄がなぜ幼く亡くなったかを知ることも必要だと思う。


  亡くなったから跡を継げば、親が作った罪を子供が受け継ぎ、孫が現すようになってしまう。


 また、先祖供養を真剣にすればするほど、親の因果が子に報いとして背負ってしまう。

PR
CATEGORY[サポーター募集]
CO[0]top
【2016/06/07 15:03 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]