忍者ブログ

平成292月 その2



2
月は八白土星月になり、


この月にいろんな悪い出来事に遭遇するのは


前回鍵を長男以外の子供に持たせてはいけないと書いたが


八白土星には女名義の意もあり


母や祖母が長生きをして相続で


女名義になっていることを現している。


例えば土地や資産が男名義から女名義になり


その相続問題の負担があれば禍に遭遇してしまう。


 

親として


「すべての財産を長男に託す」


と思うだけで、


すべての財産を託された長男が、


他の兄妹に分配する権利を与えることが最善策。


だが長男以外の兄妹は


法律で決められた財産を平等に求めて勝ち取り


親からもらったと思えば


自然に親の墓参りや祀り事を真剣にして


つぎから次へと禍や災難が蟻地獄のように待ち受けてしまう。


 

八白土星には


家督制度や檀家制度


仏壇制度や氏子制度を


すべて長男が譲り受けてきた時代があったから


代々本家と分家の立場と順序を守り続けていた。


親としてこの意味を理解してもらい


兄妹姉妹というように


男が先になりその後に女ですから


子供たちの内、長男を一番にして、


二男を二番にして三番を三男にして、


後に娘たちを四番や五番にするだけで


事故や認知症や徘徊、


うつ病や統合失調症、アレルギー皮膚炎やゼンソク


癌や突然死だけでなくいろんな病や禍が起きない。


それが理解出来ない世の中になってしまった。



嘆かわしいことに

 



PR
CATEGORY[健誠立命とは]
CO[0]top
【2017/02/06 09:20 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]