忍者ブログ

 

平成2884日午前10時、
二黒土星年、六白金星月、九紫火星日、四緑木星時間に
母屋の跡地にて、
持ち主と仲介人と私との三人とで、
男性が母屋の西の離れで首を吊って自殺した苦痛を調べた。

二黒土星年
 

六白金星月


九紫火星日


四緑木星時間


九紫火星の意は、
本家の跡取りの男性が独り身(六白金星の意)で自殺したのは、
兄妹の姉妹が親の世話や介護をしていたから、
長男嫁が戻れないことを教えている。
八白土星の意は
母親が亡くなってから相続争いを起こされ、
本家を奪い取られ売り払い兄妹で遺産を分配したことを教えている。
四緑木星の意は、
他の兄妹に本家を奪われてしまったことを現している。
三碧木星の意は
本家の管理を他の兄妹がしていて、
祀り事や墓の管理をしていると同じ目に遭うよと気づかせている。
また持ち主と仲介人とで2の数字になる。
二は七赤金星の意だから、
親孝行をしない長男夫婦を遠ざけたことになり、
私を含めて計
3人だから、三は九紫火星の意になる。
これらを総合して持ち主に話をしたところ、
すべてその通りになっているとの回答。
出しゃばって親孝行をすると、
つぎに世代でも同じ苦しみを受け継いでしまう。
だが奪った張本人には何も罪がこないから、
つぎから次へと禍を招き入れてしまい、
宗教の餌食になり滅びてしまう。

 

PR
CATEGORY[健誠立命とは]
CO[0]top
【2016/08/04 15:06 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]