忍者ブログ

12親孝行とは誰がするべきかを欺いたために…。

 

 

兄と姉と妹の三人兄弟が仲良くすくすくと成長し、

 

兄が実家を継ぎ姉は長男の家に嫁ぎ、

 

妹は分家に出た人と近くに住み始めた。

 

しかし近くに住んでいる妹は、

 

毎日実家に行って親と買い物に行ったり、

 

近くの日帰り温泉に行ったりしていたある日、

 

兄嫁が怒って実家に戻ってしまったと同時に

 

姉婿の不倫が発覚し、

 

姉が離婚して戻ってきて同居した途端に、

 

母親が脳溢血で倒れてしまった。

 



これは偶然の一致ではなく

 

全てが必然的な一致であり同時進行である。

 



親が誰を選んでいるかと言うことを

 

明確に分からないから起きた問題で、

 

何も祟りや因縁ではない。

 

 

親自身の心のあり方が引き起こした事柄である。

 

「一器の水を  一器にそそぐ」

 

と禅語にあるように、

 

誰に一心に親の心を注ぐかということを

 

はっきり明確に思っていなかったからである。

 


母親が病んで可愛そうだと言うことになれば、

 

因果応報をみずからが作り、

 

みずからが背負って

 

みずからが気づくことをするべきだと

 

神は言われるであろう。

 

 

嫁を追い出すような行為を取っていた両親が

 

嫁に対しての詫びの姿が母親の病である。

 

 

それでも気がつかなければ、

 

つぎから次へと災いを招き入れて、

 

結局は祟りや因縁だと言われてしまう。

 

 

原因がなければ結果が出ない同時進行である。

 



病は悟りの始めなりで、

 

病むことによって気づかなければいけないのだが、

 

気づかずにいる場合が多いから、

 

つぎから次へと不幸の体験をしてしまうのである。

 

病や不幸は詫びの姿なり。

 



















PR
CATEGORY[同時進行]
CO[0]top
【2016/10/09 05:35 】

10「何故一言、言ってくれなかったの………。」

 

泣きながら姉は妹からの電話を切った。

 

 

妹は姉の承諾を受けずに

 

父親を養老院に入れたからである。

 

 

二人姉妹は両親に優しく育てられ、

 

姉は長男の家に嫁いだので、

 

妹が婿養子を取り、跡を継いだ。

 

電話を切って間もなく、

 

仕事もせずブラブラしていた姉の息子長男が、

 

みずから仕事を探し安定した定職に就いた。

 

 

何故?

 


実は養老院に入れられた父親は親を嫌い

 

家を出た長男だから、

 

寂しい人生を送らなければならないからである。

 


だが父親の実家も同じことが起きていた。

 

父親の実家は弟二男が跡を継いでいたが、

 

弟二男には二人息子がいて、

 

やはり上の息子は親を嫌って出てしまっていた。

 



弟二男である父親は下の息子夫婦と住んでいたが、

 

これで収まることがなかった。

 

結局実家を継いだ下の息子の長男は家出してしまった。

 

長男が家を出てしまうと

 

何代も長男が跡を継げないのは、

 

先祖供養や墓参りの負担を背負ってしまっているから。

 

だが先祖供養と親孝行の壁は厚い‥‥。

 

 

誰にも罪はないが、

 

すべてが親に孝行を押しつけた結果であり、

 

命の絆の法則を理解すれば

 

何も起きないであろうに…………。

 

 

親が気に入ると気に入らないで差別し、

好きと嫌いで判断し、

親孝行者と親不孝者に分け隔て

親の勝手を通した為に不幸が起きてしまった。

 

どんな場合でも長男を親の勝手で

出してはいけないのである。

 

兄弟姉妹の先祖の元は長男夫婦であり 

 

長男夫婦の先祖の元は両親であり 

 

両親の先祖の元は長男夫婦である。

 

 

親に受けた恩を長男夫婦に返すことが誠の恩返しである。

 

 





















CATEGORY[同時進行]
CO[0]top
【2016/10/07 05:31 】


9墓参りよりももっと大切なものがある。

 

 

母二女は慕っていた母親が亡くなったので、

 

母親の遺影に

 

お線香を上げお茶を添えて拝み、

 

毎週のように墓参りに行くようになってから、

 

母二女の娘二女が引き籠もりになったばかりか、

 

母二女までも乳癌になってしまった。




 

よく、

 

「親が生きている最中は親孝行」

 

「親が亡くなってからは墓参り」

 

言われるが、

 

これは一番思ってはいけないのだが

 

それが後から禍に遭遇してしまうから。

 


























CATEGORY[同時進行]
CO[0]top
【2016/10/05 05:26 】

8引き籠もりは兄嫁と娘が結ばれている霊糸を切ったから。

 

二男が出来の悪い兄嫁を追い出した途端に、

 

娘長女が引き籠もりになった。


 

これは二男と兄嫁は同じ魂になり、

 

娘長女も兄嫁と同じ魂になるから、

 

憎しみが罪の無い娘を苦しめてしまった。



 

親孝行や先祖供養が

 

いまの社会では当たり前だが、

 

昔は親が子供を慈しみ育てることが親孝行であり

 

子供が親に孝行することは子孝行だった。



















CATEGORY[同時進行]
CO[0]top
【2016/10/03 05:25 】

№7魂はたったの二つで、兄嫁と義母は同じ魂になる。

 

 

二女は長男の家に嫁いだが、

夫の母と折り合いが悪いので、

二女は夫の意見よりも自分の言い分を主張して

夫婦で息子と娘を連れてアパートに移り住んでから、

二女側の兄長男夫婦が離婚してしまい、

兄嫁は家を出て子供たちを連れて実家に戻ってしまった。


 


これは、主人の母と二女側の兄嫁と同じ魂になり、

ここが作った罪をそこが受け継ぐ原理原則。



 

人は好きと嫌いや

気に入ると気に入らないで

物事を判断するが

魂は常に導いている。

 

それは息子の嫁に兄嫁と義母が里帰りし、

娘は兄嫁と義母の魂の分け霊を授かって誕生した。

 

この意味が分からないと

結婚の縁を無くしたり

子が出来なかったりしてしまう。





















CATEGORY[同時進行]
CO[0]top
【2016/10/01 05:27 】

忍者ブログ [PR]