忍者ブログ

その12、自殺者の家系。



自殺された家系の原点は、


両家の立場と順序を欺いて付き合っている場合が多い。


立場を欺いた付き合いは遠交近攻の策とは。



 

好きと嫌い、気に入ると気に入らない、


出来がいいと出来が悪い、


親孝行者と親不孝者を


区別でなく差別で物事を判断して付き合っている。


これがいまだに世の中ではびこっているために


子供や孫たちだけでなく子孫までも


その償いのためにもがき苦しんでいる。

 


私(德)の家系は、


その2で自殺者や若死にが多いと書いたが、


昔は母親側義祖父母夫婦のように


村同士での結婚が多かったので、


遠交近攻の付き合いが多かった。



私(德)もご多分に漏れず


同じ村同士の自動車で一分足らずから妻三女をめとった。


それもお見合いで


そのことはまた後から書こうと思う。



ここで悟って欲しいのは、


誰が一番で誰が二番、誰が三番を明確にして付き合うこと。


だが一番を無視して三番と四番、


二番と四番と言うように

好き勝手に付き合うから子供や孫や子孫まで


結婚の縁を無くしたり


病や非行や家出、うつ病や統合失調症などなど


様々なことを引き寄せて


親や祖父母に訴えかけているのだが


それでも気づかずのうのうと生きている

 







PR
CATEGORY[我が人生杭無し]
CO[0]top
【2016/12/13 11:05 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]