忍者ブログ

その13、女側の親は男側の親よりも下になること。



最近は平等という意識が強くなり


男側も女側も共に平等だからという


考え方が多くなりはじめてきたようだ。



私(德)の家系でも同じ事をしていた。


祖父やオヤジたち夫婦も女側の親としての立場と


男側の立場を欺いて付き合っていた。


 

例えば、


息子と娘がいた場合、


娘側の親はお中元やお歳暮、お年始などの贈り物を


婿の親を優先順位の一番に贈ることで


嫁いだ娘が婿の親にかわいがられる。



息子の親としての立場は、


嫁側の親に必要以上に気遣いをしてはいけない。


これが平等だと思うが



私の祖父やオヤジと同じように


この意味が分からない親が多くなり、


位が高いからとか家柄がいいからという意識で


物事を判断してしまい立場と順序を欺いた結果が


出来のいいと出来が悪いの区別でなく差別で物事を判断して


私たち夫婦はのけ者にされた。



今一度、


嫁側の親は婿側の親との交流で


親は親同士の立場の中で


嫁側の親は一歩でも二歩でも下になることを薦めます。



だが平等を勘違いしてしまい


この意味がなかなか理解出来なくなったようだ‥。








PR
CATEGORY[我が人生杭無し]
CO[0]top
【2016/12/18 09:22 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]