忍者ブログ

その2、我が子供たちの九星。


四人の子供がいても


娘たちや二男は年に二度くらいだけ来させるだけ。


その年に二度とは


昔からのしきたりを重んじて


お盆と正月だけ。



それくらい息子二男夫婦や娘たち夫婦を遠ざけ、


長男夫婦を守らなければ


家系を狂わせてしまうからだ。



命の絆の法則をたたき込まれなかったなら


家系が崩壊されただろうと思う。


私の家だけでなく身内に


若死にや他殺者や自殺者が多い家系で、


それを教えてくれたのが子供たちで


息子二男と娘長女の産まれ月に


三碧木星と五黄土星が付いているから


身内に若死や自殺者や他殺者がいることを


教えるために誕生した。



それを健誠立命で知ることができた。


この健誠立命は命の絆の法則を教えてもらってから


九星学と照らし合わせるとすべて解読できる。


だが九星学や四柱推命だけでなく


いろんな占いではそれを気づくことはできない。

 

PR
CATEGORY[我が人生杭無し]
CO[0]top
【2016/11/19 07:13 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]