忍者ブログ

いじめ問題は椅子取りゲームのような…。

父長男夫婦の息子長男はいじめっ子、

息子二男は兄がいじめていた同級生の弟から、

いじめられ恐喝されていました。

 

父長男の家に嫁いだ母長女は、

毎日主人の姉たちが来るので、

母長女も実家の家業を手伝うために

毎日通っているのです。

 

母長女にも兄嫁がいまして、

兄嫁も嫁いだ母長女が毎日来るので、

離婚して出戻っていたことが原因だと分かったのです。


 

図式6を見てもらうと分かりますが、

父長男の姉たちが母長女をはじき出し、

定員オーバーではじき出された母長女は、

居場所を求めて実家に行くしかなく、

ついに兄嫁も定員オーバーで

はじき出されて離婚してしまったために、

息子長男がいじめ問題を起こし、

前世の母を求めていることを訴えかけていることと、

母と娘が仲のいいことは

不倫や浮気だと気づかせるために、

長女婿の酒乱や二女婿の不倫が起きていたことを理解し、

お互いの立場と順序をわきまえるようになってから、

いじめ問題が解決し

平和な家庭を取り戻すことが出来ました。

 

これは椅子取りゲームのように奪い取り合って、

定員オーバーではじき出されたために

兄嫁が離婚したのですが、

誰の偽善の罪なのかを知らないと、

いじめ問題が解決しても、

つぎから次へと難問が降りかかってきてしまうだけです。

 

一番の原因は両方の祖母たちで、

娘かわいさのあまり引き寄せて、

長男嫁の存在を無視していた罪を

孫たちが訴えていただけですから、

学校や教育委員会の責任にしてしまうだけでは、

憎しみや恨み言が残り、

遺産相続争いを起こしたり、縁を切ったりすれば、

短命や家出だけでなく、

難病まで引き寄せてしまいます。

 

どうも最近は父親や男側の存在が薄くなってきたようです。

PR
CATEGORY[書籍と冊子案内]
CO[0]top
【2016/08/23 08:02 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]