忍者ブログ

お父さん兄嫁さんに謝っての冊子の中から抜粋した、その5


14、四十九日は親族が村人をおもてなし。


四十九日(満中陰)は、村人から七日七日に、


丁重なおもてなしを受けた親族や親戚は、


そのお礼を込めて村人をおもてなしして、


いままでの労をねぎらった。


いまでもその名残がある村もあり、


村人の奉仕により弔いが無事に済み、


その日の晩に三日七日のお経も済み、


故人の家で親族が村人の作った精進料理をいただき、


親戚衆はお宿(お足り家)のお隣さんへ行き、


食事をしている村人に、

「この村はいいおもてなしをしているから、
早速に村へ帰ってこの方法を取り入れてみたい」


「故人はいい村に住んでいてうらやましいよね」


「これからも故人に代わって家族を見守ってください」


と、一人ひとりにお礼を言いながら会話やお酌に回って、


村人と故人の家族の絆を結ぶ役目をしていた。


 親族は隣近所の絆を切らないために、


出しゃばらずただひたすら見守ることにしていたが、


今はどこかで絆が切れてしまい。


仏教は四十九日まで、神道は五十日祭まで、


仏壇や御霊舎ではいっさい拝んでいない。


いまでは仏壇や御霊舎の扉を四六時中、


開けたままにして家人が拝んでいるが、


昔は自分の家の仏壇や御霊舎を拝まず、


ご本尊様やご神体が汚れるから


普段は閉めたままにしていて、


村人が共同で拝む時に村の代表者が開けて拝み、


後は閉めていた。





PR
CATEGORY[書籍と冊子案内]
CO[0]top
【2017/07/05 07:38 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]