忍者ブログ

1、嫁いだ娘の物は置かず。

 

親は嫁いだ娘長女が、

 

いつでも帰って来られるように

 

部屋や家具だけでなく、

 

洋服もそのままにしていたことで、

 

息子長男の結婚の縁がないと分かり、

 

娘の物をいっさい処分してから、

 

友だちの紹介で縁ができ結婚した。

 

 

 

これは嫁の親が同じことをすれば

 

怒れたりするからであり、

 

嫁いだ娘は先祖の郷へ里帰りだから、

 

「お帰りください」

 

と丁重に送り出し、

 

嫁は先祖の魂の里帰りだから、

 

「お帰りなさい」

 

と出迎えることが結魂式だからである。

 

 

娘が入れば嫁は入れず、

 

嫁が入れば娘は入らず。

 

 

よく、

 

「息子が結婚するまではいいよ」

 

「息子が結婚してからはあまり来られないから、

 

今のうちに温泉や旅行に行こうね」

 

と言う親が多いが、

 

これが縁を遠ざける羽目になる。

 

 

親は結婚しない本人の責任だと押しつけるが、

 

親が作った罪を子供が素直に現しているだけ。

 

 





PR
CATEGORY[結婚の縁が無いのはどうして]
CO[0]top
【2016/10/12 05:41 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]