忍者ブログ

2、娘の子供の物を置かず。


 

嫁いだ娘長女の子供の写真を

 

下駄箱の上や床の間に飾り、

 

ベビータンスやオモチャまで、

 

可愛い孫のために買い揃え

 

いつでも来られるようにして置いていたことが原因で、

 

息子長男の結婚の縁がないと気がついたので、

 

ベビータンスを撤去し写真を取り外し、

 

「娘長女と孫たちをいっさい来させない」

 

と誓い、実行してから、

 

息子長男が結婚した。

 

 

長男嫁と長女は同じ魂になり、

 

長女の物を嫁いでもそのままにしておくことは、

 

長男嫁が入ることは出来ないだろうし、

 

もし結婚しても長男嫁は離婚して出てしまうばかりか、

 

母と娘が仲いいことが浮気になるから、

 

娘婿を不倫やギャンブル凶や借金地獄ばかりか、

 

引き寄せた親が病んでしまうだろう。

 

 

だが、

 

「ここまで娘と孫に冷たくしなくてもいいのでは

 

と、よく言われるが、

 

雑草が生き延びるために

 

「賢い親種は子種を遠くに飛ばす」

 

これが自然界の生き方だと思うが、

 

いまの親は子供を私物化しているように見える。

 

 

親切という字があるが

 

「親が切る」

 

「親を切る」

 

と解釈できるように、

 

昔は嫁がせた娘は

 

正月やお盆やお祭りのお祝い事だけの行き来だけにして、

 

男側の立場と順序を重んじて守っていた。






PR
CATEGORY[結婚の縁が無いのはどうして]
CO[0]top
【2016/10/13 06:04 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]