忍者ブログ

6、親戚でも養子に入らず。

 

 

父は幼い頃、

 

子が無い叔母の家に養子に入り嫁を取り、

 

養父母を供養しているが、

 

息子長男は結婚したが一年足らずで子が無く離婚し、

 

それからは結婚の縁がなく、

 

養子に入った父は他界し、

 

年老いた母と息子の二人暮らし。

 

 

絶えた家は命の絆の法則を理解しないと、

 

必ずと言っていいほど絶えてしまう。

 



息子夫婦に男の子が生まれれば、

 

父の魂の分け霊であり、

 

男の子のお嫁さんになるのは、

 

母の魂が里帰りしてくるはずだが、

 

養父母を祀っている父の罪で誕生の霊糸が切れてしまって、

 

子供が出来ない場合が多く、

 

また養子か養女をもらう羽目になってしまうことになる。

 



息子夫婦を守り子々孫々することで

 

養父母への恩返しになるから、

 

宗派を問わず祀ってくれる神社仏閣に

 

永代供養してもらうことだと思うが、

 

なかなか難しいのかも‥。



PR
CATEGORY[結婚の縁が無いのはどうして]
CO[0]top
【2016/10/17 09:15 】
コメント
コメント投稿














忍者ブログ [PR]